ホーム > 2017-2018年度 > ご挨拶

ご挨拶

あすかロータリークラブ
会長 植田 俊應

2017-18年度 国際ロータリーのイアン・H・Sライズナー会長は
「ロータリー:変化をもたらす Making a difference」
をテーマに掲げられました。
「奉仕を通じて人々の人生に、地域に、世界に変化をもたらし、ひいては、ロータリアンそのものの人生を豊かに生きよう!」と語っておられます。
 私たちのあすかロータリークラブは、歴代の会長・会員の下、地域社会と共に歩み、親睦を深めてまいりました。
 諸先達が築きあげてこられた土台を基に、クラブをさらに発展させ、地域社会に、世界に、より良い変化をもたらし、貢献し続けるように行動しましょう。
2017-18年度 国際ロータリー第2650地区 田中誠二ガバナーは
地区スローガンを「愛着と誇り」とされました。
 クラブは奉仕と親睦の融合の場でもあります。
 例会や活動に参加して奉仕の心を学び、その想いをもって親睦を深めることで、より一層奉仕の心を深め、充実させながら、クラブを「愛着と誇り」の場にしましょう。

『Let‘s have Fun! 楽しもう』

本年度のあすかロータリークラブの活動のテーマです。

・日本一楽しいクラブ、日本一仲の良いクラブに

 ロータリアンにとって例会100%出席は理想であり目標ですが、100%出席が必ずしもロータリアンとしての義務を果たしているとはいえません。出席は奉仕活動を実現するための手段であり、出席することと奉仕することは、必ずしも同一ではありません。
ロータリーの良き伝統や普遍的な「奉仕の理想」の哲学は大切にしながら継承し、変えるべきものは大胆に変え、クラブの魅力をより高めていきましょう。

・「チームASUKA」の育成

 近年私たちは汗をかく奉仕活動に全力を注いでまいりました。そのため、当クラブ独自の青少年ボランティア「チームASUKA」を結成し、現在80名を超える若者たちがメンバーとなっております。
 この活動を通じて若者たちに奉仕する心を感じてもらい、感謝されたときの気持ちを味わってもらい、いつかはどこかのロータリークラブに入会してもらいたいと考えています。
 本年は、熊本大地震復興支援事業として熊本県の益城町を訪問します。
「チームASUKA」と共に被災地を訪れ、現状を把握し、我々は何をすることができるのかを共に考えることのできる機会とし、支援事業の継続化を図ります。
 また、本年よりこの「チームASUKA」の活動を支える応援団に、パスト会長全員の支援を賜ることになりました。更なる成長を目指していきます。

・他地区のクラブとの友好

 R.I.3520地区台北文林ロータリークラブとは2003年5月22日姉妹クラブ締結以来15年目になります。そして本年度創立25年目を迎えられ、2018年6月25日の社長交代式には一人でも多くの皆様方と参加したいと考えております。
 また、R.I.2750地区グアムサンライズロータリークラブが行っている「人道的プログラム」(1952年から続いているアメリカ全土の中で最も古い支援)に参加協力します。

・新たな歴史に向かって

 次年度は中川基成会員が当地区ガバナーに就任予定です。創立以来はじめてのことであり、大変名誉なことでもあります。
 クラブ会員一丸となって全面的に支援する体制の準備をするため、今年度は次年度に向けて地区について学び考える例会を実施してまいります。

私は『夢』という言葉が好きです。
しかし、本当に夢が叶う人は、ほんのひとにぎり。
また、夢が叶った瞬間、夢が消えてしまう時です。
こんなことがしたい、こんなふうになりたいと夢を持ち続けている時が、
一番楽しい時間です。
それを『夢中』といいます。
叶うと信じ、ゆれ動く心の中の自分と向きあって、
本年一年、例会や奉仕活動に積極的に参加いただき、
ぜひ『夢中』になって思い出を共につくりましょう。
そして、みんなで楽しい一年にしましょう。

会員皆様のご支援とご協力をお願いいたします。

PAGE TOP

ホーム

当クラブについて

ロータリーとは

参加しよう

ニュース&最新情報

カレンダー

リンク