ホーム > 2015-2016年度 > ご挨拶

ご挨拶

祝25周年

1991 年5月23日に生まれた あすかロータリークラブ(旧橿原中央ロータリークラブ)も2016年5月に、栄えある創立25周年を迎えることとなりました。若干28名の会員から今や 50数名のクラブとなり、この間、初代会長である 故鳥居氏をはじめ歴代の会長・幹事の下、親睦を深め、会員相互の信頼と団結を図ってまいりました。

こうして多くの奉仕活動を通じて今や名実共に地区内に於いて確固たるクラブを築いてきた仲間と共に25周年を祝いましょう。

温故知新

歴史に学び、新しい伝説(Legend)を創ろう

私たちの所属する あすかロータリークラブは、日本国の発祥の地、神武天皇が即位されたこの橿原の地で生まれました。

また、日本に於いて最初にロータリークラブを提唱された米山梅吉氏は私たちのエリア内の高取藩の士族の子として東京の高取藩の中屋敷に生まれました。

このように、日本国発祥の地であり、クラブの創立にゆかりのある地を持った我々はこれを誇りとし、歴史を振り返り未来へと続けなければなりません。

会長 澤 光彦

出会い・志・感謝

私たちロータリアンは、職業が異なる者同士が出会い、奉仕活動を通じて親睦を深めてきました。こうした出会いを大切にすることが今後の奉仕活動をますます高め、さらに深めることにあるのではないでしょうか。

そして、情熱や志は年齢と共に失われるのではなく、「理想を失う時、はじめて老いが来る」という有名なサミュエル・ウルマンの詩『Youth(青春)』に書かれている通りだろうと思います。

また、これまで出会った人々、事柄に対して常に感謝の気持ちを持って生きていかなければならないと思います。

出会い・志・感謝を胸にロータリー活動を邁進しようではありませんか。

今年度の重点項目

  1. 25周年の記念事業と記念式典を成功させよう
  2. 25周年度 会員60名を目標に会員拡大を図ろう
  3. 親睦を深め、楽しいクラブ・例会にしよう
  4. インターアクトを研究し、新しいインターアクトクラブ作りに向けて行動しよう
  5. 災害復興支援事業を続けよう
  6. 歴史を振り返り、学ぼう

25周年の節目を迎え、我々のあすかロータリークラブに自信を持って、今後50年、100年へとより一層の努力と気力を養い、常に高潔感を保ち、人々への職業的奉仕と社会奉仕を邁進して、私たちのクラブの主体性を第一に個性のある憧れのクラブを目指そうではありませんか。

一年間、精いっぱい努力することを誓いますと共に、会員皆様のご協力とご支援をお願い致します。

PAGE TOP

ホーム

当クラブについて

ロータリーとは

参加しよう

ニュース&最新情報

カレンダー

リンク